AKIO HASEGAWA. HOUYHNHNM

2021.6.10 Up
Style of Authentic

普通の服、
普通のスタイル。

Case 50
夏は、Tシャツ。
その1
NAUTICA12ozT
夏は結局、Tシャツしか着ない。
いろんなのがあるけれど、
やっぱり厚手が一番だ。

about 12oz PIGMENT DYEING HIGH NECK T-SHIRT

〈NAUTICA〉PIGMENT DYEING HIGH NECK BIG T-SHIRT ¥6,930(NAUTICA JAPAN) ,〈SSZ〉DAMAGED DENIM PANTS AKIO’S OWN ,〈COBRA CAPS〉PIGMENT DYEING BUCKET HAT ¥1,650(RAWDRIP HARAJUKU)

Tシャツはやっぱり〈CAMBER〉が一番。そう思っていた。ゴツゴツした素材感のマックスウェイトジャージーシリーズはかなり肉厚で、そう簡単に汗でびしょびしょになる事がないからだ。問題は手に入りにくいという点。かなりのこだわりを持っている企業だけあって、流通量にも限界があるのだろう。と思っていたら、去年の夏の終わり頃に〈LOS ANGELES APPAREL〉の8.5ozのガーメントダイTシャツの存在を知ってしまった。オープンエンド糸で作られたボディにガーメントダイ加工を施していて、かなりいい感じに色が載っているのである。だから去年から僕は、ヘビーウェイトTシャツの二大巨塔として、この二社に注目していた。

ところがこの春、〈NAUTICA〉においても、すごいのが完成してしまった。12ozはあるその超肉厚ボディは、まるでラガーシャツ。同じくオープンエンド糸で、ここまで分厚くてゴワゴワしているのは見たことがない。そしてこれが意外なことに最高の着心地なのである。2021夏の三大ヘビーオンスTシャツ、いや、ヘビーウェイトTシャツ御三家と言ってもいいかもしれない。それくらい、僕の周りでは話題沸騰。かなりの頻度でみんなが愛用してくれている。

〈NAUTICA〉PIGMENT DYEING HIGH NECK BIG T-SHIRT ¥6,930(NAUTICA JAPAN)

最近、気に入っている〈NAUTICA〉の12オンスヘビーウェイトT。超肉厚でガサガサして少し重い生地が、最高にいい着心地なのだ。形は、無地のポケT、モックネックのロンTとあるんだけど、クルーよりも少しだけ詰まったハイネックの無地Tが欲しくて、これを急遽作ってもらった。(※ピグメントダイのハイネックのみ、7月末発売となります)

昔のサーフもので見かけたような首の詰まり方が、すごく気に入っている。色は、ピグメントダイで染めたブルーとブラック、ブラウン、オリーブ。もう10年近く、夏は白Tを着てきたけど、実はここ数年、日焼けした肌には、褪せた色合いもいいかもなって思っていた。しかも肉厚のオープンエンド糸にピグメントダイ加工は、最高にいい組み合わせ。夏が楽しみである。

about TIFFANY I.D TAG NECKLACE & BRACELET

時計はつけない。時間はケータイで見ればいいから。加えて、何をつけているかによって、収入やセンスを見極められる。レアなのを持っているかどうかでマウントを取ろうとする面倒な人もいる。だからちょっと苦手だなぁと思う。それに、肩が凝る。だから、アクセサリーも一切つけない。

〈TIFFANY〉 STERLING SILVER I.D. NECKLACE AKIO’S OWN, SMALL CHARM AKIO’S OWN

でも夏の首元や手元には、何かがあると、それはそれで雰囲気が出る。自分のイニシャルを入れられる〈TIFFANY〉のシルバーアクセサリーだったら、つけてみてもいいかもしれないと思った。最近、廃盤になってしまったというここのクラシックなタイプのものは、プレーンなデザインですごく気に入っている。

〈TIFFANY〉 STERLING SILVER I.D. BRACELET AKIO’S OWN

ドッグタグタイプのネックレスは随分前に撮影用に買ったものだけど、渋谷のお店に持って行ったら、2、3週間でA.Hと入れてくれた。そのタイミングでブレスレットも購入し、そちらにもイニシャルを加工してもらった。今や全世界の標準になっている、925/1000という銀の混合率をアメリカの企業として初めて設定したのが〈TIFFANY〉。だからなんとなく、シルバーアクセサリーを身につけるならここのものにしたいと思っていた。イニシャルが入るだけで、途端に愛着が湧いてくる。

about SUMMER CUT

夏は坊主頭がいい。涼しいし、シャワーの後に髪を乾かすのも簡単でいいからだ。問題は、10日に一度くらいは、刈らないといけないということ。ヘアメイクの矢口くんおすすめは〈PANASONIC〉のバリカン。それである程度刈ってしまえば簡単だ。が、このユウゴのヘアは簡単そうに見せかけて、実は矢口くんのテクニックによって、いい感じに仕上げられている。まずはバリカンでトップを少し長めに刈った上で、ハサミで丁寧にカット。ただ刈るよりも、柔らかい印象になっている。映画『グランブルー』のジャック・マイヨールのように、イカつくならない坊主頭を目指した。

about TITAN KEY HOLDER & AirTag

〈APPLE〉AirTag ¥3,800(APPLE), 〈RESISTANT〉TITAN TOUCHLESS KEY HOLDER「SAVER」¥6,050(RESISTANT)

鍵や財布をよく失くす僕は、〈APPLE〉のAirTagにもイニシャルを入れてもらった。これさえあれば、もう見つからないという事はないはずだ。キーホルダーは頑丈なチタン製。ドアノブをふれずに開けることができるし、栓抜きにもなってくれる。ワインオープナーも付いていたら、さらにいいのに。

INFORMATION

NAUTICA JAPAN @nautica.jp
RAWDRIP HARAJUKU www.rawdrip.jp
APPLE www.apple.com/jp/
RESISTANT www.resistant.jp

STAFF

Direction&Styling&Text_Akio Hasegawa
Photo_Seishi Shirakawa
Grooming_Kenichi Yaguchi
Edit_Ryo Komuta,Shun Koda

ということで、来週のAH.H

『ボーダーとトキワ荘。』お楽しみに!

CONTENTS

TAG SEARCH

ARCHIVES