AKIO HASEGAWA. HOUYHNHNM

2019.9.12 Up
CROSS TALK

長谷川昭雄 ×南貴之

Talk03(前編)
ファッションディレクター、スタイリストの長谷川昭雄が、〈グラフペーパー〉、〈フレッシュサービス〉、「ヒビヤ セントラル マーケット」などを仕掛けるクリエイティブディレクターの南貴之と、「普通」に関してのトークを繰り広げるレギュラー対談企画。「普通」に対して思い入れの深い2人による、普通なようで普通じゃないファッション談義。

PROFILE

長谷川昭雄

ファッションディレクター、スタイリスト。様々な媒体、広告のディレクションを手がけるなか、英国の雑誌『モノクル(MONOCLE)』では創刊よりファッションページの基礎を構築。2015年にはファッションディレクターに。2012年より2018年秋までは『ポパイ』のファッションディレクターを務めた。

南貴之

〈グラフペーパー(Graphpaper)〉、〈フレッシュサービス(FreshService)〉、「ヒビヤ セントラル マーケット」など、様々なブランド、ショップを手がけ、ファッション、カルチャーにまつわるあらゆる領域を手がけるクリエイティブディレクター。「alpha.co.ltd」代表。

LARS FISCHER

ラーズ フィッシャー〉レザーのショルダーバッグ ¥100,000+TAX(レショップ)

長谷川:これは「レショップ」でみつけたバッグ。

南:お、いいね。

長谷川:かわいいよね。10万円くらいするんだけど。

南:海外の?

長谷川:〈ラーズフィッシャー〉っていうらしい。「レショップ」のひとが言うには、南仏の山奥で一点一点、職人が1人でつくっている羊飼いのバッグなんだって。

南:へー。知らなかった。けど、海外っぽいと思ったんだよね。

長谷川:まぁ、ブランドのことはあんまり知らないけどいいなって。

南:いやいやなんか、適当になってきてない?(笑)

長谷川:そう? いつもこんなもんだよ(笑)。つねによく知らないけどいいな、っていうのを見つけたい気持ちでいっぱいだよ(笑)。

南:まぁね。

長谷川:で、なんでこれを持ってきたかっていうと、昔〈A.P.C.〉にこういうバッグがあったの。もっとシンプルな感じで、蓋がついてるやつ。それが昔欲しかったんだけど、結局手に入らなくてさ。いい感じの革の斜めがけのバッグっていいなって、昔から思ってて。革の質感というかさ。

南:これいいね、すごく。使い込んでいったらいい感じになりそう。けどやっぱりレザーものって、海外の方が質がいいんだよなぁ。

CHARLIE BORROW × L'ECHOPPE

チャーリー ボロウ × レショップ〉レザーのショルダーバッグ ¥53,000+TAX(レショップ)、
〈ブラームス〉コットンギャバジンのトレンチコート SIZE:2 ¥59,000+TAX(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ)

長谷川:これは素朴な感じがいいなっていうブランド。

南:どこの?

長谷川:えーと、〈チャーリーボロウ〉。

南:あ、これは知ってるわ。全部ハンドでつくってるやつだね。付属から全部、自分たちでつくってるらしいよ。仕入れをしたことがあるし、本人にも会ったことある。

長谷川:そうなんだ。

南:うん、すごくいいブランド。全部イングランド製なんだよね。

チャーリー ボロウ〉オークバークレザーベルト¥23,000+TAX(レショップ)、
ブラームス〉コットンギャバジンのトレンチコート SIZE:2 ¥59,000(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ)、スウェット、パンツは私物

長谷川:フランスのある高級ブランドがこの革を買い占めちゃったから、今後は値段がすごい高くなっちゃうらしいよ。

南:この革もいい質感だね。

長谷川:いいよね。

南:うん、かわいい。

長谷川:さっきのバッグもそうなんだけど、こういうトーンってすごくいいなって思ってて。飴色の革。ものとしてすごくいいんだよね。

YUKETEN

ユケテン〉モカシンシューズ¥65,000+TAX(レショップ)、
ブラームス〉コットンギャバジンのトレンチコート SIZE:2 ¥59,000+TAX(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ)

南:次はモカシンか。

長谷川:うん、〈ユケテン〉。このティンバーの3アイレットみたいなデザインってやっぱり好きなんだよね。2年くらい前にも〈J.M.ウエストン〉でこういう形の靴をオーダーして買ったんだ。

南:こういうちょっと黄色っぽいレザーがいいってことなの?

長谷川:うん。OD(オリーブドラブ)とかにも合うよ。

南:合うね。

長谷川:最近〈ダブルタップス〉とよく仕事してるから、ODが気になってしょうがないんだよね(笑)。

南:あるよね、そういうの。俺も〈フレッシュサービス〉のことばっかりやってると、カーキ色ばっかりになるし。

長谷川:そうそう。ずっと同じような色を見てると、それに合う色がだんだんいいなって思ってくるんだよね。

南:うん、わかる。

SIWA

シワ〉ナオロンの二つ折り財布 ¥3,800+TAX(SIWA Collection東急プラザ銀座店)

長谷川:この財布は〈シワ〉っていうブランド。

南:はいはい。紙のやつね。

長谷川:そう。とくに新しいものじゃないんだけど、好きな質感なんだよね。黒とか他の色もあるみたいなんだけど、やっぱりこの「紙の色」が好き。なんでもない感じでさ。昔、この紙の大きいバッグも使ってたんだ。失くしてしまったんだけど、頑丈だし、すごく良かった。これは、財布としてサイズ感が良くて気に入ってる。小さくて便利。

南:人間って、大きいのを持ってたらだんだん小さいのが欲しくなるし、小さいのを持ってるとだんだん大きいのが欲しくなるらしいよ。

長谷川:へー(笑)。でも実際、財布って急に飽きて変えたくなるときってあるよね。そういうことなのかも。けどさ、いまって小さい財布がブームだよね。できるだけ余計なカードを持たないで、SUICAとクレジットカードだけみたいな。

南:そうだね。俺も最近は携帯にほとんどのことが入っちゃってるから、カードとかあんまり持ち歩かないかも。けど財布は、長財布以外持たないっていうポリシーがあるんだよね。

長谷川:そうなんだ。

南:けどたしかにいまみんな小さくなってきてるよね。財布だけじゃなくてバッグも。女性のバッグとかすごい小さかったりするじゃない。俺、女の人が大きいバッグ持ってるのかわいいなって思うんだけどね。けど全然売れないみたい。

長谷川:まぁ、そうかもね。俺はスタイリストだからけっこうデカいバッグが必要なんだよね。急に荷物が増えたりするから。

ARTS&SCIENCE

アーツ&サイエンス〉 上:ハンカチ「Flat handkerchief M」¥5,500+TAX、
下:ハンカチ「Mellow handkerchief L」¥6,500+TAX(ともにオーバー ザ カウンター バイ アーツ&サイエンス)

長谷川:次は、ハンカチ。

南:ハンカチ好きだよね。

長谷川:前は持ってなかったんだけど、おじさんになってからはハンカチがないと不安になってきちゃって。で、こないだ忘れちゃったときに〈アーツ&サイエンス〉のお店に行って買ったの。

南:そうなんだ。

長谷川:3枚買ったんだけど、2万円くらいしたかな。

南:やっぱりいいね。

長谷川:コットンリネンのがあるんだけど、すごく柔らかくて気持ちいいんだよね。

南:へー、俺もハンカチ作ろうかなー。

長谷川:ハンカチはいいよ。

南:欲しくなってきた。このハンカチ、刺繍とかすごいね。高いよこれは。

長谷川:ブランドにとくにこだわりはないんだけど、とにかく肌触りのいいものを持ってる方が、拭いたときに気持ちいいじゃない。とにかく汗なりなんなりを拭くものがないと不安なの。

南:わかる。わかるんだけど、俺の場合はもうハンカチじゃ無理なのよ。抑えきれない、汗を。だからタオルっていう選択肢になるわけ。

長谷川:(笑)。俺もビチャビチャになるよ。身体中拭くしさ。

南:まぁでもこっちの方がスマートだよね。タオル持ってるよりは。

長谷川:ハンカチって人に見せるタイミングとかないから、自己満足の世界なんだよね。

南:下着的な?

長谷川:そうそう。これってやっぱり気持ちいなーっていう。

南:甘えん坊がこれ持ってないと寝れない、みたいなのに近いのかな。

長谷川:近いかも。あと思ったのは、ソニアさんのお店って見せ方がうまいよね。包装とかもすごくちゃんとしてるし。いいものを買ってるっていう気持ちになる。

南:そうだね。ものもいいけど、そういうブランディングのところもしっかりしてるよね。

長谷川:買い物ってさ、結局自分だけの喜びだったりするわけじゃない。他人には理解できない種類のものなんだけど、ソニアさんのお店はそういうところをうまくくすぐってくれるんだよね。

南:わかる気がする。お店から何から全部徹底されてるもんね。あれは気持ちいい。

長谷川:とくに高いものを買うときって、そういう気分って大事だよね。

南:ハンカチの話に戻すと、服がすごくカジュアルでそういう小物に気を使わなさそうなひとが、パッと出したハンカチがすごくいいものだったら、このひとわかってるなって思うよね。

長谷川:そうだね。靴下もちゃんとしたものを履いてる方がいいし。

南:ちょっとしたことだよね。

長谷川:うん。結論、ハンカチは高い方がいい。

南:そうかも。実際、使うしね。ちゃちいものだと結局、安物買いの銭失いになると思うんだよね。あと安いものだと大事にしないじゃない。すぐなくすし。生活のなかでこういうことにお金をかける方が、美しいと思うよ。

AH.H×GOODPLAN

写真左から:〈ユンハンス〉ストップウォッチ(茶色) ¥56,000+TAX、〈ヴィンテージ〉四角錐の石のオブジェ 左:¥28,000+TAX、
右:¥38,000+TAX、人物左:〈ローゼンタール〉クリーマー ¥14,000+TAX、シュガーポット ¥14,000+TAX、中央:〈カイザー〉デスクランプ(白) ¥80,000+TAX、
〈アルヴァ・アアルト〉スツール ¥120,000+TAX、〈ハンス・J・ウェグナー〉テーブル(手前) ¥280,000+TAX、人物右:〈ブラウン〉キッチンスケール(白)¥20,000+TAX、
ライター(黒) ¥35,000+TAX、〈ヴィンテージ〉デスクランプ(黒)¥47,000+TAX、〈ポール・ケアホルム〉テーブル(黒)¥350,000+TAX(すべてフレッシュサービス ヘッドクオーターズ)

〈AH.H×GOODPLAN〉Tシャツはイベントで販売、
〈ブラウン〉手に持っているアシュトレイ ¥14,000+TAX(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ)、パンツ、靴下は私物

長谷川:これはシゲールっていう友達が、LAで1ドルで買ってきたTシャツをベースに、友達のグラフィックデザイナーとつくったやつ。

南:なんかいいね。

長谷川:永井博さんみたいなイメージだよね。永井さんのイラストって夏だけじゃない。

南:なるほどね。冬バージョンってことか。

長谷川:そうそう。まぁ、とくにどうするわけでもないけど、ただつくってみました。

南:(笑)。「AH.H」で売ればいいじゃん。

長谷川:まだその機能がないんだよね。

南:じゃぁ、フイナムのイベント(「HNF」)で売ればいいじゃん。

長谷川:あ、それはありかもね。6枚しかないけど(笑)。LAのチャイナタウンで買ったボディだから。

南:いや、これ〈アルスタイル〉でしょ。これだったら買えるよ。

長谷川:あ、そうなの?

南:ただ日本に入ってきてるやつは、1ドルじゃ買えないと思うけど。けど、これが一番安いやつだね。〈アルスタイル〉は俺もよく使ってる。

長谷川:これよりも大きいサイズがあるといいんだけど。

南:あるよ。

長谷川:あ、そうなんだ。

南:うん、買えるところ紹介するよ。

長谷川:ありがとう。このグラフィックデザイナーは、このグラフィックにはすごく力を入れてるみたいよ。

南:いいよね。他のも見たい。紹介してほしい。

長谷川:うん、ぜひぜひ。

INFORMATION

レショップ 03-5413-4714
フレッシュサービス ヘッドクオーターズ 03-5775-4755
SIWA Collection東急プラザ銀座店 03-6264-5344
オーバー ザ カウンター バイ アーツ&サイエンス 03-3400-1009

STAFF

Direction&Styling&Text_Akio Hasegawa
Photo_Seishi Shirakawa
Hair_Yutaka Kodashiro
Edit_Ryo Komuta

CONTENTS

TAG SEARCH

ARCHIVES